お金コラム

月1万円収入をアップさせる方法!

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
昇給し、基本給が1万円アップしました!!

その分責任も納税額も増えますが、年間で16万円(12ヶ月+ボーナス4ヶ月分)増えるのは、単純に嬉しいことです。

大学を卒業して10年…正直に告白すると今まで昇給がほぼない会社に勤めていたので、この上げ幅にかなり驚いております。(転職を繰り返し、年収上げてきたタイプ)

そこで!収入アップルートを遠回りしすぎた私でも出来る、月1万円収入をアップさせる方法を調べてみました!!

基本給を上げる

一番スタンダードかつ堅実な方法ですね。

私の場合、新卒時と基本給を比べると6万円ほど上がっています。
私の職種ではそこそこの上げ幅であり、これは転職がかなり効いています。

新卒で入った会社に居続けていたら、3万円ほどしか上がっていません。
こればかりは業種と会社によって個人差が大きくなりますが、一般職ではごくごく普通かと思われます。

基本給は賞与のベースとなってきます。
1ヶ月1万円基本給が上がった場合、賞与でも大きな差が出てきます。

なかなか昇給がない会社の場合、転職も視野に入れて動いた方が良いかもしれませんね。

株で配当金を得る

毎月1万円の配当金が入れば、これほど楽なことはありません。

全国的に馴染みのある会社で、5月に利確する銘柄をピックアップしてみました。

5月利確銘柄

タマホーム(1419)

言わずと知れた住宅メーカーです。
20年の配当金は、1株当たり70円となっています。
21年5月7日の終値が2,493円ですので、1万円の配当金を得るためには昨年の実績ベースで143株が必要となります。
143株を買うには35万6,499円必要です。

ツルハホールディングス(3391)

ドラッグストアなどを展開している会社です。
20年の配当金は、1株あたり74円となっています。
21年5月7日の終値は12,880円で、1万円の配当金を得るためには、昨年の実績ベースで136株が必要となります。
126株買うためには162万2,880円が必要となります。

これを毎月と考えると、そもそも株を買う資金がないと難しいですね。

なつ
なつ
薄給には難しい…と諦めるのはまだ早い!!

最近ではTポイントを使って1株から購入できるSBIネオモバイル証券など気軽に株を買いやすくなっています。
月に1万円の配当は手に届かなくても、毎月数十円~数百円の配当を得ることは簡単です。



ETFを売買する

ETFは株と投資信託のいいとこ取りのようなもの。

1万円ほどから購入でき、少額しか資産運用に回せないわという方でも比較的買いやすいものです。

安い時に買って、上がったら売る。

単純で基本的な運用の方法ですが、一日中パソコンの前に張り付いている必要もなく、デイトレよりも初心者も始めやすいと思います。

外国のETFが良いよとTwitterなどでも言われていますが、株初心者は日本のETFの方が始めやすいです。

関連記事ETFって?初心者でも高額配当も目指せる投資

副業をする

本業とは別の収入源を作るパターンです。

仕事終わりにアルバイトをする、ブログやSNSで発信し収益を得る、ハンドメイドの物販をする……etc、今は会社外でも収入を得る道がたくさんあります。

普通にアルバイトをしてみると、月に1万円は簡単に得ることができます。

ブログで月に1万円稼ごうと思ったら、正直軌道に乗るまで結構大変です……。

まとめ

私個人的には、ETFが一番気軽に月1万円を稼げる方法だと思います。

しかし、継続的にということを考慮すると基本給を上げるのが一番堅実なのかな?

何にしても得た1万円をどう使うかに、その人それぞれの幸せが詰まっていると思いますので、
1万円でどんな幸せを得たいか考えると、稼ぎ方も個性がでると思います。

今よりも少しでも幸せな明日のために…♡

では。