お金コラム

4大ポイントで比較!お得に運用・投資ができるポイントは?

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
dポイントでポイント運用始めました!

ちょうどカードの切り替え時期で、ふとポイントを見てみると意外と貯まっていました。

あまり使わないしもったいないな~と思い、Tポイントを投資に使えるネオモバのようにdポイントで投資が出来ないかと調べてみました。

そしてでてきたのが、フロッギー。

なつ
なつ
サイトのイラスト担当がV6のツアーグッズにイラストを提供した長場雄さんではないですか⁉

それだけでテンションの上がった私ですが、口座開設となるとじっくり考えたいと思い、取りあえず一回放置。

そして夕方になりdポイントの有効活用法を調べていたのですが、なんとポイント運用もできる!という事を知り、早速ポイント運用を始めてみました!

運用画面の色遣いがおしゃれでワクワクするようなデザインのdポイント運用。
(早速マイナスになっているのはご愛敬)

上手く活用すれば、手出しナシで資産つくりに活かすことが出来ます。

その活用術をご紹介いたします。

なつ
なつ
他のポイントでもポイント運用や投資をおこなっていますので、合わせてご紹介します。ご自身の貯めているポイントに合った活用法を見つけてください

ポイント運用とは

ポイント投資とポイント運用の違い

まず押えておきたいのが、ポイント投資とポイント運用の違いです。

ポイント投資は、楽天証券ネオモバが有名どころです。

ポイント投資の場合、そのポイント自体を現金と同じような扱いとして取引・運用を行います。

一方、ポイント運用は、そのポイントを実際の株や投資信託と連動させ値動きをさせます。

証券取引所での実際の取引とは異なりますので、そのサイト内だけでの運用となり、増減するもの現金ではなくポイントとなります。

いわば、現金を使わずに投資の疑似体験が出来るのです。

4つのポイントはどう運用・投資する?

上の図にあるように、同じポイントでも異なる場所で投資・運用されているポイント投資とポイント運用ですが、運用して得たポイントは投資に回すことが出来るのです。

ポイント運用 ポイント投資
楽天スーパーポイント 楽天PointClub 楽天証券
dポイント dポイント投資 日興フロッギー
pontaポイント au PAYポイント運用
Tポイント SBIネオモバイル証券

表のとおり、ポイント運用とポイント投資の掛け合わせが出来るのは、楽天スーパーポイントとdポイントとなります。

なつ
なつ
とりあえず、私は楽天とdポイントで運用を始めてみました

注意点:ポイントの取扱い

ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

楽天の場合は、運用・投資のどちらとも期間限定ポイントは使えません。

dポイントは、運用には使えませんが、投資には使えます。

なつ
なつ
ここの違いはよく押えておきましょう。楽天の場合、期間限定ポイントはお買い物で使うのが良いですね。
楽天スーパーポイント dポイント
運用 投資 運用 投資
通常P
期間限定P × × ×

楽天・dポイント共に、運用で得たポイントは通常ポイントとなります。

なつ
なつ
楽天スーパーポイントとdポイントは、運用で増やして投資にスライドさせるのが最強ですね

ポイント運用に向いている人

ポイント運用は

  • 普段節約生活を送っている方
  • 投資初心者の方

に向いているサービスです。

なつ
なつ
私自身、手取りが少なく、そんなにお買い物をしないために、ポイントもそんなにドカンと貯まっているタイプではありません。

楽天マラソンやdポイント増大キャンペーン期間中にお買い物をする予定もないような方も少なくないと思います。

そういった方が、効率よくポイントを増やそうと思ったら、ポイント運用を使わない手はありません。

私も今回たまたまdポイントが貯まっているのに気づいたくらいですので…(笑)

また、投資をしてみたいけれど、いきなり自分のお金でやってみるのは怖いな~という投資初心者さんも、ポイント運用なら投資の疑似体験ができるので、良いと思います。

auのポイント運用は、運用で得たポイントを使える幅が広いのが特徴です。

なつ
なつ
auの運用チームの方は、貯まったポイントでビールを買ったとおっしゃっていました

ポイント投資も楽しい

ポイント運用で今一番話題なのはSBIネオモバイル証券でしょうか。

こちらは多くの提携企業さんがあるTポイントで投資ができます。

なつ
なつ
しかも人気の銘柄を1株から購入できるのも魅力的♡

資金がさほど多くない一般職のOL(私のことです)でも、人気銘柄の株を持てるのはちょっとした贅沢のようにも感じます。

まとめ

今回は4つのポイントのみに絞って比較してみましたが、いかがだったでしょうか?

どのくらい貯まっているのか分からないポイントを失効させるくらいなら、早めに運用または投資に回したほうが圧倒的にお得ですね。

それぞれの特徴を加味しながら、楽しくポイント運用・ポイント投資をしていきましょう。

では。

\初めての投資は楽天証券がおススメ/
楽天証券