不動産投資

余剰金で始めた不動産投資 運用5ヶ月の結果は??

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
先月は1万円も家計がういたので、それを投資に回しました♡

余ったから~と翌月に使っちゃう前に、先取り貯金ならぬ先取り投資ですね(笑)

投資したのは不動産です。

クリアルはクラウドファンディング型の不動産投資で、1万円から投資をすることが出来ます。

関連記事1万円で不動産投資!OLでもオーナーになれるクリアルとは?

募集開始からすぐに埋まっちゃうので中々投資できずにいましたが、先日久しぶりに申し込みが出来ました。

前回申し込みが通ったのが11月でしたので、実に半年ぶりに新しいファンドに申し込みが出来ました。

不動産投資半年の運用益は?

11月に投資をして、12月から配当金を貰っています。

4月末までの時点で、110円の配当金を受け取りました。

この時点で普通に銀行に貯金しているよりも多くの利益をいただくことが出来ています。

貯金感覚で投資できる

私は、クリアルでの投資を貯金感覚で行っています。

なつ
なつ
本当はリート(REIT)に手を出してみたいのですが、その資金ができるまでの一時預金庫のような感じです

関連記事最近リート(REIT)ってよく聞くけど…不動産投資と何が違うの?

リートは不動産版投資信託のようなものですが、まだまだリートへの知識不足も否めません。

コロナ禍でJ-REITも暴落したりアメリカのも暴落したりと落ち着かない状況もありましたので、そこに知識のないド素人がいきなり入っていくのも怖さがあります。

その点、クラウドファンディング型の不動産投資は、新規ファンド(建物)が月に1件か2件しか出ません。

それまでに情報収集をする時間があるので、不動産投資とはこういうものかと感覚を掴むことができます。

なつ
なつ
運用が始まると基本的にほったらかしで良いので、そこも楽でいいですね

リートとの違いは?

クラウドファンディング型の不動産投資は、リートと同じように普通の不動産投資よりも少ない資金で始めることができますが、リートとの大きな違いは、株式市場の影響を受けにくいという点

クリアルHPより

リートは株式市場を経由して幅広い不動産に投資していきますが、クラウドファンディング型の不動産投資は一つの建物(または一室)に投資を行います。

ここが株式市場に影響されない所以になります。

以下の表は、ざっくりと不動産投資、クラウドファンディング型の不動産投資、リートの違いをまとめたものです。

  直接投資 クラファン型 リート
投資資金 多額 少額 少額
投資対象 マンション
戸建て・店舗
多様
(ホテルや保育園などもある)
多様
(あらゆる不動産)
分散投資 多額の資金が
あれば可能
可能 可能
物件の管理 自身または
管理会社に委託
不要 不要
売り 不動産市場 基本的に運用期間が
決まっている
証券市場
買い お金があれば 案件が少ない
すぐに埋まる
買いやすい

投資をしているという経験になる

投資を始めるのは誰だって最初は怖いはず。

なつ
なつ
でも経験を積めるのは始めた人だけ。

最近は憧れの銘柄が1株単位から購入できるSBIネオモバイル証券なども人気です。

このように少ない金額で始められるのは、投資初心者や少額投資家にとってはありがたいことです。

このブログでは何度もお伝えしていますが、お金がない人こそ、投資という選択を視野に入れて資産つくりをしなければならない時代になっています。

金額は少なくても投資をしているという経験が、自分自身の視野を広げてくれます。

関連記事少額投資OL2年生になりました!投資が私に教えてくれた事

投資にも色んな方法がありますので、その色んな投資法を知って自分に合った投資法を見つけてくださいね。

では。

\初めての個別株はTポイントで買っちゃおう/