お金コラム

貯金?投資?2,000万円を作るには月々いくら必要なの?実際に計算してみた

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
生涯年収を計算した際に、貯金や投資には目標が必要だな!と改めて感じました

ということで、老後2,000万円問題もいまだくすぶっているということもあるので、65歳までに2,000万円を作るシミュレーションをしてみました。

関連記事正社員?専業主婦?女性の生き方のヒント、生涯年収を計算してみた

2,000万円、本当に必要なの??

昨年、突如として言われ始めた老後2,000万円問題ですが、その中身をまずは知っておきましょう。

2,000万円が必要な理由

老後2,000万円問題の根拠となるのは、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」 に記載されています。

仕事をしている間は収入がありますが、仕事を辞めてから最期の時までは払いている時よりも収入が減ります。

今までは支出<収入であった生活も、収入<支出と逆転が起こってしまいます。

老後は収入は減るのに支出は増えていきます。その最もたるものが医療費でしょう。

例えばその差が月5万円であれば、20年では1,200万円、30年では1,800万円もの差が生まれてしまいます。

この時、今まで保有していた金融資産を切り崩して生活していく事になるのです。

お金があれば生活の質はキープできる

老後の生活の質はお金があるかないかで大きく変わります。

私は以前、病院と施設を運営している法人で働いていたり、両親と一緒に両祖父母の介護をしてきた身として実感している事なのですが…

お金さえあれば、自分の身体の自由が利かなくなった時にも様々なサービスを選べます。

質の高いサービスを受けることの出来る施設は、それなりに良いお値段がします。

介護保険で賄える部分もあるとはいえ、例えば日当たりのいいお部屋は個室であったり、公的である特別養護老人ホーム(社会福祉法人などが運営)よりも有料老人ホーム(民間が経営)で質の高いサービスを受けることが出来たりします。
※一概にそうとは言えません。施設で働いている方は皆質の高いサービスを目指して日々奮闘しています。ただ、お金があると有料に入ることも選択できるということです。

身体が衰え普通の生活が困難になってきた時に「自分がどう余生を過ごしたいのか」という意思だけは大切にしたいものです。

となると、それを解決してくれるためには、ある程度のお金は必要になります。

そして、こちらも哀しい事実ですが、金融庁のレポートのには老人ホームなどの費用は含まれていないという事を念頭に置きましょう。

一般職OLが老後資金を作るには?

歳をとってからお金が必要な理由をざっくりと説明して来ましたが、この2,000万円をつくるために今からいくら貯金したり投資したりして、資産を作って行けば良いのでしょうか?

65歳までに2,000万円を作るという設定で表をつくってみました。

貯金の場合

貯金の条件として、年利0.001%、ボーナス時の増額貯金はないこととします。

年齢 積立年数 月々の積立額
20歳 45年 38,000円
25歳 40年 42,000円
30歳 35年 48,000円
35歳 30年 56,000円
40歳 25年 67,000円
45歳 20年 84,000円

※税引きなどは考慮していません。

投資の場合

条件として、毎月積み立てによる投資を行い、3.5%のリターンで計算をしています。

年齢 積立年数 月々の積立額
20歳 45年 16,000円
25歳 40年 20,000円
30歳 35年 25,000円
35歳 30年 33,000円
40歳 25年 43,000円
45歳 20年 59,000円

※税引きなどは考慮していません。

貯金と投資を掛け合わせた場合

条件として、貯金と投資を1,000万円ずつ、合計で2,000万円になるように積み立てていきます。その他の条件は上の場合と同じです。

年齢 積立年数 月々の貯金額 月々の投資額 積立合計
20歳 45年 19,000円 8,000円 27,000円
25歳 40年 21,000円 10,000円 31,000円
30歳 35年 24,000円 13,000円 37,000円
35歳 30年 28,000円 17,000円 45,000円
40歳 25年 34,000円 22,000円 56,000円
45歳 20年 42,000円 30,000円 72,000円

※税引きなどは考慮していません。

なつ
なつ
いずれも税引きを考慮していないため目標金額よりも2割高めの金額をゴールに設定してます。

どう資産運用する?


貯金だけ、投資だけ、貯金と投資の組み合わせで見てきましたが、一般職OLで2,000万円もの資産を作るとなると投資が月々の支出が一番少なくなります。

なつ
なつ
私の手取りとしては、投資のこの額なら無理なくできるかな~といった所です。

老後のために2,000万円をためるだけではなく、

  • 旅行に行きたい
  • 結婚を控えている
  • 引っ越しを考えている

などなど、普通に生活をしていてもお金を貯める目的は色々ありまし、物欲もあります。

近くて遠く、遠くて近い老後のために、毎月の支出を切り詰め、貯金だけで2,000万円を貯めるのは酷ですよね(泣)

近々に必要なお金を貯めるのは貯金で、将来のための資金は投資でなどと使い分けるのも良いかもしれません。

なつ
なつ
手取りが少ないからこそ、人選を豊かにするためのお金の使い方、資産運用の仕方を色々考え、行動してみましょう♪

毎月積立で投資をするなら、つみたてNISAiDeCoなどの節税効果のある制度を利用できますので、そこも合わせて検討してみるといいかもしれません。

では。

\初めての投資は楽天証券がおススメ/
楽天証券