投資OLの日常

狂気の沙汰!12年間の引っ越し回数〇回。

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

最近、振り返ってみると狂気の沙汰だな、と思ったことがありました。

前記事で、私は貯金が苦手なタイプだと暴露しましたが、ボーナスはほとんど貯金していました。

なのに、なぜか貯まらないお金。

その原因にやっと気づいたと言いますか…どうも私の趣味と言いますか性が災いしていたようです。

ボーナスは貯金!なのにお金が貯まっていない原因は?

私がその原因に気づいたのは、きんゆう女子。さんと東京建物Brilliaさんとの企画でした。

その企画とは、女性目線の住みやすいお家とはどのようなものだろう?と11月から座談会を重ねていたもの。

今回、私が参加したのは、その座談会で作り上げた間取り図に対する意見を募集する会でした。

その会での自己紹介の時に、お金が貯まらない癖が曝露したのです。

間取り図・リフォーム番組が大好き

街角の不動産屋さん、ポスティングされているチラシ、ネット広告……

ありとあらゆる場所で目にする家の間取り図を見るのが大好きな私。

間取り図を見ながら勝手にその部屋での生活をイメージ。

あーこのキッチンは使いやすそうだなぁ〜とか、ここにはこういう家具置きたいなぁ〜と妄想をするのが楽しいのです(笑)

その影響もあって、きんゆう女子。さんと東京建物Brilliaさんのイベントに応募し、企画に参加して参りました。

衝撃!12年間の引越し回数◯回

参加した企画では、まず最初に自己紹介を行いました。

そこで「今の家は賃貸?それとも分譲?」という話題に。

そこで私は気づいてしまったのです…。

一人暮らしを始めたのは、大学1年生の時。

それから今までに、6回も引っ越しをしているのです…

なつの引っ越し遍歴
  1. 賃貸(1K3万円):大学1~2年
  2. 賃貸(1K3万円):大学3~4年
  3. 賃貸(1K3.8万円):1.9カ月
  4. 実家:1年
  5. 賃貸(1LDK6.6万円):5年半
  6. 賃貸(1LDK5.5万円):1年
  7. 賃貸(1K7.5万円):現在

長居した⑤番目の賃貸は、1LDKでとても住み心地が良かったです。

⑦で初めて地方から東京に引っ越してきたのですが、ずば抜けて家賃が高くなりました。

なつ
なつ
社会人一年目からすると年収も倍近く増え、家賃も倍になり、薄給と言われる業界の中でもそれなりに頑張ってるなと自分を褒めたくなります。

どうしてこうも引っ越しをするのか

私が引っ越しを繰り返す理由を、自分なりに分析してみました。

  1. 転職に伴う致し方ない理由
  2. 「嫌だ」と一度思ったらとことん嫌になる性格
  3. 「自分の中のベスト」な状態でありたいと常に思っている
  4. 「思い立ったら吉日」とすぐに行動する性格
  5. 普段からネットで間取り図を見るのが趣味で、理想の暮らしをいつも脳内シミュレーションをしている(妄想とも言う)

これらの理由が総合的に絡まり合って「よし!引っ越そう」と私を立ち上がらせるのです。

引っ越しにかかる費用は?

引っ越しには莫大なお金がかかります。

引っ越しに掛かる主な費用として

  1. 家賃
  2. 敷金
  3. 礼金
  4. 仲介手数料
  5. 火災保険
  6. 引っ越し業者に支払う費用
  7. 家具・家電の買い替え
なつ
なつ
初期費用と呼ばれるこれらで薄給OLのボーナスは全部吹き飛ぶくらいの出費になります

どれも節約は可能なので、私も削ることの出来る分はとことん削りました。

あまり知られていない点で言うと、火災保険は仲介業者や管理会社が勧めるものではなく、自分で探して契約した方が安く済みます。

なつ
なつ
5,000円~1万円ほど節約することが出来ます

県民共済などはかなり安く契約できます。
都道府県民共済 新型火災共済

これからも引っ越しを繰り返すのか?

短期間の間にこれだけ引っ越しをしておいて、実は今も新しい家へ引っ越したく検討を始めています。

その理由は、結婚をする予定だから。

なつ
なつ
新型コロナの影響で、彼も私も忙しくなってしまい家探しができていない状況なのですが…

彼も私も田舎の一軒家で育ったために、手頃な建売を購入する予定でいます。

そのため今は、時間がある時にネットで建売の間取り図をチェックしてます。

お互いの譲れない条件を加味した家探しは、今まで趣味、いやむしろライフワークとしてやってきたことの集大成といった感じです。

良い家が見つかりますように。

そして、今後の引っ越しペースが落ちますように。

ひいてはお金が貯まりますように。

では。