お金コラム

ふるさと納税の仕組みと節税効果を総復習!一人暮らしの活用法は?

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
新しい年になると新しいことを始めたくなりますよね。

この時期に資格取得系や転職の広告がバンバン流れるのもそういった心理的なものが大きいからです。

薄給OLとしても仕事のスキルアップを図りたいなぁ~と思ってますし、プライベートでも新しく始めるが決まっています。

しかし!!投資OLとしては1年の始まりは税金の始まりという認識になっております(笑)

税金は基本的に1月~12月を1年として計算します。
※自動車税は4月1日時点での保有者が支払わなければなりません。

今後、税金が低くなっていくことは考えにくいので、少しでも節税出来たら万々歳ですよね。

なつ
なつ
この記事では、薄給OLさんにとってお得な節税の定番!ふるさと納税についてどこよりも分かりやすく説明します♡

公的に節税は出来る!脱税はダメよ

年末に年収850万円以上は増税にといったニュースが駆け巡りました。
参考記事給与所得控除見直しへ 年収850万円超の会社員は負担増(NHK)

また昨年は、消費税が増税したり、チュートリアルの徳井さんの納税滞納も大きく取り上げられました。

消費税は自分の財布から出て行くので「払っている」といった感覚がありますが、住民税や年金、所得税などは給料天引きですので、毎月いくら引かれているのかはっきり答えられる人も少ないのではないでしょうか。

それでも引かれている額が増えていたらしっかり気づく(笑)

働いている、生きているだけで増える負担に嫌になってしまいますが、知っていれば公的に節税になることもあります。

手出し多くてもお得なふるさと納税

ふるさと納税って?

私は九州の片田舎で生まれ育ちました。そして現在は東京の片隅で生活をしています。

私のように生まれ育った故郷を出て、違う土地で働いている方も少なくない現在。

故郷の行政サービスなどを使って育ててもらったのに、働き出して納税するのはただ住んでいるというだけの自治体。

自分を育ててくれた故郷になにか恩返しが出来ないか、という問題提起から生まれた制度がふるさと納税です。

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税にはこのような特徴があります。

  • 自分で寄附したい自治体を選ぶことができる。
  • 納税っていっているけど寄附の要素が強い。
  • 寄附金の使い方を指定できる。
  • 返礼品が貰える(貰えないものもあります)
  • 返礼品は地域産業活性化に繋がるような品物が多い
  • 手続を行うことによって、1年間の寄附金合計ー2,000円の金額が住民税から控除、所得税からは還付される。
  • 所得や家族構成によって、控除される金額の限度額が異なる。

ふるさと納税が地域振興になる

使い道を選べる

ふるさと納税は、その寄附金の使い道を指定することが出来ます。

なつ
なつ
私は必ず「子育て支援」や「教育の分野」に使用していただくように指定しています

これは自分自身が都会の子と比べると、芸術や美術に触れる機会が少なかったこと、更には質の高い教育を受けるためには地元から出ないといけないという環境で育ったという過去があるからです。

その他にも、自然保護や高齢者への支援、医療・福祉の充実、農林水産商工の振興など様々な使い道を選べますので、ご自身の思いに沿うような使い道を選んでくださいね。

返礼品によって地域産業が活性化される

ふるさと納税の返礼品は、その地域の特産品が多くあります。

その返礼品が人気を博したら、その分その産業が活性化することになります。

するとそこに雇用も生まれ、地域の活性化にも繋がっていくのです。

なつ
なつ
ある自治体がア〇ゾンの商品券を返礼品にしていましたが、これが本当に地域活性化に繋がるのか…私はそういうふるさと納税の使い方は嫌だなぁ…

ふるさとチョイスに掲載されている事例のような使われ方が本来のふるさと納税のあり方だと思います。
参考記事【事業者】農作物を村外の人に食べて欲しい! 寄附者と生産者の架け橋に

ふるさと納税が節税になる仕組み

ふるさと納税はお金を出す側は寄附の要素が強いのですが、自治体にとっては地域振興のためのとても重要な資金源となります。

これは住民税をいただくのと同じ、いや、それ以上の価値があるかもしれません。

難しい申請もこれ一つ、ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告要らずで住民税の控除を受けることが出来ます。

ワンストップ特例申請の条件
  1. 確定申告が必要ない人
  2. 1年間に寄附した自治体が5つ以内

この2つの条件をクリアした場合のみ、寄附をし自治体へ翌年の1月10日までに書類を提出することで控除を受けることが出来ます。

ワンストップ特例制度を使う場合、ふるさと納税を申し込む時にワンストップ特例申請するかどうかチェックを入れる欄があります。

チェックを入れると寄附をした自治体から申請書が送られてきます。

※押印が必要なので申請は必ず郵送になります。年末駆け込みでふるさと納税を利用した方はお急ぎください。

住民税が控除

寄附をした金額の一部は住民税控除の対象となります。

控除とは、ある金額から一定の金額を差し引くことを言います。

所得税が還付

これは確定申告を行った場合のみ適応されます。

普通のOLさん
普通のOLさん
確定申告の必要がない会社員の私の場合は還付されないってこと!?
なつ
なつ
そうなんだけど、ワンストップ特例制度を利用すれば、住民税が減額されます。減額される金額としては確定申告した場合と同じ額になります。
普通のOLさん
普通のOLさん
損することはないのね…?(半信半疑)
なつ
なつ
ある条件によってはワンストップ特例が損になるから、よく確認してね
普通のOLさん
普通のOLさん
えぇ……

どうしてこうも税金関係は複雑に作られているんでしょうね…。

ワンストップ特例で損をするのは控除額以上に寄附を行った場合です。

総務省のふるさと納税ポータルサイトで確認できるので、ふるさと納税を行う場合は寄附金額も気にしながら行いましょう。

薄給OL流ふるさと納税の使い方

お米大好きな私は、ふるさと納税の返礼品はお米一択です(笑)

お昼ご飯は社食を食べないといけないという謎の決まりがあるので消費量はあまり参考にならないと思いますが、1ヶ月半~2か月ほどで5Kg消費します。

5kgのお米はスーパーで購入すると安くて2,000円前後。
美味しいお米は3,000円くらいしますよね。

ふるさと納税で5Kgのお米は、5,000~8,000円のボリュームゾーンにあります。

これを1年間に5~6回ほど注文すると、いい感じに寄附金限度額の枠内で1年間楽しむ事が出来ます。

なつ
なつ
色んな産地のお米を食べることができるので楽しい♡

今年は1発目としてあきたこまちを注文しました。
去年一昨年と秋田県の別の自治体ではえぬきやつや姫を頼んだので、今年は定番に戻ってみました。

ちなみに私は楽天で注文しています。
楽天ポイントも貯まってさらにお得です。

普段食べる事のできないお肉や果物を頼むのも良いですが、毎日食べるお米をお得に、しかも家まで届けてくれるので重宝しています。

節税をしつつ、地域のためにもなるふるさと納税をどんどん活用していきましょう♡

では。

おまけ:ふるさと納税にまつわる用語解説

こちらの画像はInstagramで紹介したものです。Instagramのフォロー大歓迎♡