キャッシュレス

【投資OL流】キャッシュレスでお得にヲタ活

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
嵐の5×20コンサートツアーの参戦するために福岡に行ってきました!

今までもコンサートのために遠征は幾度なくしてきましたが、今回は投資OLの名に恥じないようにキャッシュレスを裏テーマと遠征となりました。

幸せは実質タダ(実際に支払った金額うん万円)

なつ
なつ
好きなものはプライスレス。
と言うよりも、幸せ貰うから実質タダでしょ。

という気概のヲタクですが、収入もそんなにありません(手取り20万円です)ので気概は気概でしかありません。

でもでも、
いつまでもあると思うな、推しと金。

嵐も来年いっぱいで活動休止となりますし、お金がないからと5人に会える機会を自ら少なくするのは嫌!と実際は節約しつつヲタ活をしています。

ここがポイント!

CDやDVD、公式グッズを我慢せずに購入するためにもキャッシュレス決済を使いこなす方法が分かる♡

交通費

羽田⇄福岡間の飛行機は貯まったマイルで乗ったので、早割でも往復で3万円以上する航空券も実質タダでした。

なつ
なつ
光熱費や通信費など、日常にかかる固定費をクレジットカード払いにする事で1ヶ月に1,000マイルは簡単に貯まります♡

嵐ファンですので、もちろんJALを利用しました。

福岡からの帰りの飛行機は嵐JETで、超幸運!!


画像元:JAL公式HP嵐20tharashithanksjet

なつ
なつ
嵐のような寒波の気流で揺れもあった天候でしたが、私の心はウキウキでした♡

博多駅から福岡ドームまでは、臨時バスで往復480円(片道240円)でした。

博多駅から福岡ドームまでは地下鉄や路線バスでもいけますが、イベントの時は臨時バスで行った方がドームの目の前で降りれますのでおススメです。

なつ
なつ
博多駅から地下鉄(唐人町まで)だと片道260円かかるんですよね。しかも最寄りから15分くらい歩かないといけない。

イベントの際は、臨時バスが出ていないかとどのルートが安いかを要チェックですね。

もちろん交通系ICカードも使えます。

イベントとなるとバスや電車に乗るだけでも大混雑なので、、事前にチャージするのもお忘れなく。

飲食

キャッシュレスな旅を裏テーマとしていましたので、キャッシュレスで支払いができるお店を探しました。

ランチは、博多駅地下の博多一番街へ。税込968円で、Rpayで支払いをしました。

博多駅内のお店全体がキャッシュレスを推進しているようで、キャッシュレス還元5%のポスターを貼っているお店が多かったです。

会場である福岡ドームはソフトバンクホークスのお膝元であるので、ドーム内で飲み物を購入した時はPayPayを利用しました。

なつ
なつ
普段のPayPay使いと同じで、福岡ドームだからといって特別何かお得になるわけではないですが、気持ちとして使ってみました。
楽天の本拠地へ行ったらRpay使いたいと思います

朝食は、博多駅筑紫口を出てすぐ左手にあるほろよい酒場さんでいただきました。

こちらでの支払いは交通系ICカードを使いました。

素朴で落ち着く味わいの卵サンドとドリンク(コーヒーまたは紅茶)のセットで税込500円!

なつ
なつ
卵サンドは具が多すぎて、持った瞬間に『重っ』と言葉が溢れてしまうほどボリューミー!

モーニングの時間帯は、ホットコーヒーに限りおかわり自由なので500円以上の満足感を得られます。

ホテル

ホテルはじゃらんで予約をして、事前決済を行いました。

じゃらん楽天トラベルでは、キャッシュレス5%還元対象のお宿もたくさん掲載されているので、旅の計画を立てる時からキャッシュレスとお得を意識することが出来ました。

なつ
なつ
美容院やまつエクに行く時はホットペッパービューティーから予約をしています。ここで貯まったポイントをじゃらんで予約時に使い、週末で高くなっているホテル代も6,000円以下に抑えることが出来ました♡

お土産

お土産は、博多駅のお土産店が集まってマインズで購入しました。


こちらもキャッシュレスを推進していて、5%還元対象のお店ばかりでした。

投資OL流キャッシュレスヲタ活

グッズもキャッシュレスで購入!

ほかのアーティストのライブに行く機会がほとんどないのでジャニーズでのことしか分からないのですが、
最近のジャニーズのコンサートは、グッズの専用アプリがあります。

このアプリで事前に買う予定のグッズとクレジットカードを登録して、二次元バーコードを発行しておきます。

会場のグッズ売り場では、その二次元バーコードを見せるだけ。

いちいち財布を出さなくて済みます。

また、以前は人が多すぎてクレジットカードの支払い時の通信に時間が掛かっていましたが、それもなくなり、とてもスムーズにグッズを買えるようになりました。

こんなところでもキャッシュレスの波が来ていて、時代を感じざるを得なかったです。

現金で支払ったもの

この旅で現金はほとんど使うことがありませんでした。

なつ
なつ
現金を出したのは、スタバでカフェモカ飲んだ時と、会場で行なっていた台風災害支援への募金のみ

ヲタ活は断然キャッシュレスで

コンサートなどでの遠征は普段の旅行の荷物に加え、応援グッズやコンサートグッズ、会場て合うヲタ仲間たちへのお土産などで荷物がいっぱいになります。

そんな中、財布を出して支払いをして〜という一連の流れで手間取ってしまうことが少なくありません。

なつ
なつ
しかも一回の遠征でめっちゃお金かかる!!

今回はキャッシュレスという裏テーマを決めて行った遠征。

キャッシュレスは国が行なっているキャッシュレス還元事業と、キャッシュレス決済自体の還元(マイルや楽天ポイント、PayPayの還元など)の2重の恩恵を得られます。
今後もキャッシュレスで少しでも旅行にかかるお金を減らしつつ、ヲタ活を楽しみたいと思います。

ここがポイント!

普段からマイルを貯めて遠征に備える
スマホ決済でお得にスマートに決済
出費は抑える所は抑え、グッズ購入は我慢しない!

嵐、最高でした!