きんゆう女子。

【レポ】きんゆう女子。学院 3日目 つみたてNISAと仲良しになる方法

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

先日無事にきんゆう女子。学院を卒業して参りました。

全5回の学院ですが、1回1回がとても濃厚で学びがぎっしり!

この記事では3回目の様子をレポしたいと思います。

1日目、2日目の様子はコチラから↓
 

きんゆう女子。学院3日目内容

3回目のテーマは、
『つみたてNISAと運用金額の決め方、いろいろある投資信託の選び方について』

講師は金融庁の職員さん。
お金のプロから直接学べるというなんとも贅沢な時間です。

投資のプロからすると基本的なことかもしれませんが、投資を始めたばかりの私のような者にとってはとても貴重な講義内容でした。

投資の資金は余剰金から

投資を始めるためには自分の家計を知ることが大切という事で、まずはお金の出入りの状況を振り返るワークを行いました。

収入 手取り金額
支出 家賃、水道光熱費、通信費、食費、生活物品費
服飾費、交通費、美容費、交際費、
その他(ローン、奨学金等)
収入ー支出

残りを貯金や投資に回す

貯金は1金融機関あたり1,000万円まで元本保証(例え銀行が潰れても貯金した分は戻ってきます)がありますが、投資は元本保証がないものです。

貯金や個人向け国債はリスクが低い資産であり、投資はリスクの高い資産だと言えます。

なつ
なつ
投資は、つつましく自分の出来る範囲でマイペースに行うことが大前提です

つみたてNISAを始めてみる

つみたてNISAは、投資をしたことがない人でも気軽に始められるようにと始まった制度ですが、よく分からないというのが本音。

そこを金融庁の方がじっくり説明してくださりました。
そして質問にもたくさん答えていただきました。

つみたてNISAの特徴
  1. 年間40万円までの投資によって得られた利益を非課税にします
  2. その期間は最長20年間
  3. ただし投資できる銘柄は、国が決めたファンドから選んでね

以上3つがつみたてNISAの大きな特徴です。

なつ
なつ
ここで注目してほしいのは、③の国が決めたファンドから選んで投資するということ!

つみたてNISAは長期的な投資を支援する制度ですので、長期的に投資し続けることができる可能性の高い、いわば選ばれしファンドのみつみたてNISAを利用できるのです。

その数は173本で、内訳は以下の通りです。

・インデックスファンド148本
・アクティブファンド18本
・上場株式投資信託(ETF)7本
           (2019年10月現在)

現在、国内で購入することの出来る投資信託は3,000本あると言われている中で、つみたてNISAが利用できるのはかなりふるいにかけられた173本ということが分かりました。

商品選びの前にポートフォリオを作ろう

普通のOLさん
普通のOLさん
そうは言っても173本もの商品の中から投資するものを選ぶのも大変
なつ
なつ
1つだけに絞っても173通り。2つに分散投資するとしたら14,787通りにもなりますね
普通のOLさん
普通のOLさん
ムリムリ!選べないし正解が分からない!
なつ
なつ
そういう人も少なくないとのことで、ファンド選びのポイントを金融庁の人に教えてもらいましたよ♡

投資を始めたばかりだとそのファンドばかりに注目しがちで、何を選んだらいいのか全く分からなくなります。

金融庁の方いわく、まずは大枠を決めることが大事とのことです。

国内株式に〇%、先進国株式に〇%、新興国株式に〇%…といった感じで、大体の枠を作るのです。

そしてそこに当てはめるようにファンドを選んでいくのです。

なつ
なつ
例えば国内株式のファンドだと45本のファンドになります(19.10.1現在)
普通のOLさん
普通のOLさん
173本よりもグッと減ったわね

投資は1本に絞るよりも幾つかに分散して投資する方が良いので、まずは大枠を決めてみると選びやすくなりそうですね♡

金融庁の職員さんに直接質問!

きんゆう女子。学院のすごい所は、NISAやつみたてNISAという制度を作った金融庁にお勤めの職員さんに直接質問が出来ること!

一緒に学んでいる皆さんもバンバン質問してました。

その中でも印象的だったのは
つみたてNISAとNISAは切り替えができることと、切り替えのタイミングは1年単位であり1月~12月を1年とみなし、12月に切り替えの手続きを行っても間に合わないかもしれないということ。

思わずへぇ~とうなずく内容が多い3回目の授業でした。

では、4回目のレポを楽しみに♡