用語解説

少額投資の味方『ドルコスト平均法』

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
先日のきんゆう女子。学院で、つみたてNISAは思い立った時が始め時ということを習いました

一体どういう事なのか?と疑問に思ったのですが、積み立て投資信託の場合、ドルコスト平均法というものを活用することができる事を知りました。

つみたてNISAのその中身は

  • 積み立て投資信託で得た利益を非課税(通常は20%ほどの所得税がかかる)にしますよ~
  • しかもその期間は20年!!

というものですので、積み立て投資信託やつみたてNISAを始めようと思っている方は、
このドルコスト平均法という言葉を押えておきましょう♡

この記事で分かる事

積み立て投資信託で資産が増える理由は、ドルコスト平均法にある!

積み立て投資信託のリスク分散

各証券会社や銀行など積み立て投資信託をおススメしている所が多いですが、なぜ積み立て投資信託を勧めるのでしょうか?

それは、積み立て投資信託は、個別株をかったりFXの取引をするよりも長期的に運用する可能性が高いからです。

また、家計を圧迫しない程度の少額(100円~)から積み立てることが出来る点も『投資の入り口』としてありがたいですよね。

少額からできるつみたて投資信託は、投資初心者には難しいリスク分散も普通に投資するよりも比較的簡単に行うことが出来ます。

普通のOLさん
普通のOLさん
投資のリスク分散って?
なつ
なつ
簡単に説明しますね

投資初心者が投資を始める時に必ず意識してほしいリスク分散の3点。

その中でも③の『時間を分散する』というのが、積み立て投資信託の強みになります。

これがドルコスト平均法という言葉と関わってきますので、もう少し詳しく説明していきますね。

時間を分散して投資するメリット

普通のOLさん
普通のOLさん
株ってボンッと大金を出して買うイメージがあるんだけど…?
なつ
なつ
そういう買い方もありますが、投資初心者や少額投資しかできない人にはハードルが高いですよね
普通のOLさん
普通のOLさん
そうそう。少額ずつじゃ利益も出なさそうだし。
なつ
なつ
『塵も積もれば山となる』という心とドルコスト平均法の意味を知って投資をすると、そういう心配も少しは軽減しますよ♡

株は安い時に買って、高い時に売るというのが大原則です。

しかし、投資初心者が毎日値動きする株価や指数(日経平均株価やNASDAQといったもの)をチェックして、
今日はこれ買う!
今日は売りに出そう!
という判断をするのは、とても難しいものです。

そこで、積み立て投資信託という選択をする投資初心者の方もいらっしゃると思います。

積み立て投資信託は毎月決まった金額を投資していくものです。

そうなると、積み立てのタイミングとして1口の価格が高い時と低い時と出てきます。

普通のOLさん
普通のOLさん
んん?
なつ
なつ
毎月払う金額は同じでも、株価によって変える株の数は違ってくるよね?ってことです
毎月1万円積み立て投資信託をしている場合
6月 取得株数2口(1口5,000円)
7月 取得株数1口(1口1万円)
8月 取得株数1.25口(1口8,000円)
なつ
なつ
このようにその時の株価によって1万円で買う事のできる株数が変わってきます。
普通のOLさん
普通のOLさん
なるほど~。ここまでは理解した!

投資をする上で大切なのは、
いくらお金を出したかよりもいくつ株を持っているか?という事です。

上の例の場合、投資額3万円で持っている株は4.25口で、1口あたりの平均取得額は約7,058円となります。

毎月一定数の株を買うのではなく、毎月定額内で買うことの出来る株を買うことは
安い時にたくさん買って、高い時はちょっとだけ買うということになります。

こういった買い方をすることによって、自動的に安定した買い方を出来るようになるのです。

こういう買い方をドルコスト平均法と言います。

普通のOLさん
普通のOLさん
これが『時間を分散する』というリスク分散に繋がるのね
なつ
なつ
そういうことです♡

投資信託は元本保証ではない

なつ
なつ
ただ、勘違いしてほしくないのは、投資は元本保証ではないという事

経済の動きや株の動きは、ある程度予想は出来てもその通りにいくという事は絶対にありえません。

時間の分散だけではなく他の2つのリスク分散もしつつ、時折ご自身のポートフォリオを見直していきましょう。

投資初心者や少額投資家の皆さんが楽しい投資生活を送れますように♡