読書記録

【読書記録】風のマジム 心に温かな風が吹く一冊

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
通勤時間は、貴重な読書の時間にしています

こういったジャンルのブログを書いている人はビジネス書を読んでいるイメージが強いですが、私の場合は小説を読んでいることが主です。

前向きになれるような本を読むと「仕事頑張ろう!」「今日も一日頑張った、自分!」と気持ちも前向きになれますよね。

幼い頃から本を読むのが好きで、今でも1ヶ月に10冊以上はコンスタントに読んでいる私が、今自分と同じ年代の女性にぜひ読んでいただきたい本をご紹介します。

風のマジム 原田マハ

沖縄産のサトウキビでラム酒を造る……そんな壮大な夢を叶えた女性がいます。

その女性をモデルにした小説が風のマジムです。

created by Rinker
¥726
(2020/08/14 13:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

通信系の会社に派遣社員として勤める伊波まじむ(28)は、ごく単調な日々を過ごしていた。
実家は3代続く豆腐屋で、おばあとおかあと3人暮らし。
仕事終わりにおばあとカフェバーで1杯酌み交わすのが密かな楽しみだ。
そんなまじむの運命を変えたのは、社内ベンチャー募集の広告。
まじむは沖縄のラム酒を造ると応募してみたが…

風を感じる丁寧な描写

ザワザワ、ザワザワ、ザワザワ――、自分よりもうんと背の高いサトウキビは、海風を受けるとそう鳴きます。

台風にも耐え忍ぶサトウキビは、沖縄や奄美の人々にとって産業という枠組み以上に心の支えとなっているものです。

そんな沖縄のサトウキビでラム酒を造りたい、そう考えたまじむはどこにでもいるような普通の派遣OL。

仕事がすっごく楽しいという訳でもないけど、つまらないわけでもない。待遇もすっごくいいというわけでもないけれど、悪くもないという無風状態の日々を過ごしています。

そんなまじむに吹いた2つの風

  • 仕事終わりにおばあと酌み交わすバーで出会った、風の酒「ラム酒」
  • 正社員にシュレッダーをかけるようにとお願いされた書類の束から見つけた「社内ベンチャーコンクール募集広告」

その風に背中を押されたまじむは、大好きな沖縄のためという建前と、
お酒が大好きなおばあと自分、そしてお酒を飲んでいる時の楽しい時間のために「南大東島のサトウキビで100%沖縄産のラム酒を造る」とコンクールに応募します。

タイトルにもある風がこの本の1つの核となります。

人生におけるターニングポイントを風という表現で表し、まじむに吹いている風が追い風か向かい風か――、とても引き込まれる表現で描かれています。

  • 派遣社員という立場であるがゆえの葛藤と正社員から入る横槍や邪魔。
  • おばあからかけられる現実的な言葉の一つ一つ。
  • 南大東島の産業を増やしたい村長や商工会の人々と、保守的な地域住民との交渉。

まじむに吹く風は追い風ばかりではありませんが、その風をまじむがどう受け止め、どう追い風にしていくか。

原田マハさんの小説は風景描写がとても丁寧で、読んでいると自分もその場にいるような感覚になりますが、
この風という一つのキーワードがまじむの心理的描写も表していき、更に物語に引き込まれていくのです。

主人公に特別な才能があるわけではない

この本の主人公まじむは、ごくごく普通のOLをしています。

毎日仕事に行って、正社員からの嫌味を受け流し、特段やりがいのある仕事をしている訳でもなく、自分が心の底からやりたかった仕事をしている訳でもない。

「自分が応募してもいいのかな?」
「何も取柄のない自分が」
「事業に関する知識もないのに」

普通のOLであるまじむがベンチャー事業のコンクールに応募するに至るまでの葛藤は、誰しもが共感できるのではないでしょうか?

そんなごくごく普通のOLであるまじむを動かしたのは、自分が大切にしている時間をもっと良いものにしたいという気持ちでした。

思い立ってから、まじむは様々な勉強を始めます。

効果的なプレゼンの仕方から、ラム酒の作り方、販売に関わるアレコレ、サトウキビの入手経路、工場予定地の選定、交渉……、挙げればきりがないほどに知識と行動が必要になります。

それをまじむは一つ一つ自分の身にしていくのです。

なつ
なつ
「自分には何も取柄がない」と悩む事も多い日々の中で、私はまじむのように何かに一生懸命取り組んだことはあったかな?と自分を顧みることができました。

まじむの「100%沖縄産のラム酒を造りたい」というまじむ(真心)に、周りも段々と協力者が増えていきます。

created by Rinker
¥726
(2020/08/14 13:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

もう一つのキーワード:まじむ(真心)

まじむは、沖縄の方言で真心という意味があるそうです。

風とともにこの物語の核となるのは、真心です。

酒造りは酵母を育てることから始まります。

この酵母を上手く作ることが出来るかが、お酒の味を決めるそうです。

まじむが真心を込めてプレゼンした「沖縄のサトウキビでラム酒を造る」という事業は、誰がサトウキビから酵母を作るのか(醸造家という職業があるそうです)という問題にぶち当たります。

この時もまわりを動かしたのは真心なのです。

まじむの夢に自分の夢を乗せる人たちの真心がどんどん積み重なっていき、「沖縄のサトウキビでラム酒を造る」というまじむの夢は、事業として動き出すのです。

この本を読むまで、忙しい毎日の中で何かに真心を込めるという事を忘れていた気がしました。

それに気づき、ある一つの案件に対して真心を込めて取り組んでみたら、他の課の人から協力を得られたり、外部との調整がスムーズに行ったりと、まじむは私にも良い風を持ってきてくれました。

なつ
なつ
普段忘れかけていた真心を込めるという祈りを思い出させてくれました

フィクションだけどノンフィクション


先述しましたが、この物語は金城祐子さんという女性が沖縄電力の社内ベンチャー制度を活用してコルコルというラム酒を造るまでのお話を基にしています。

この本で語られているのは、金城さんが体験したほんの一部でしかないかもしれません。

そういった事を想像しながら、沖縄の風の酒ラム酒を飲んでみたくなります。

作中に出てくるモヒートの他、ダイキリ、ラムコークなどもラム酒ベースのカクテルです。

created by Rinker
¥1,341
(2020/08/14 13:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

この本と一緒に嗜むと、より一層美味しいお酒も美味しくなりそうです。

そして、「明日からちょっと頑張ってみるかな」と前向きな気持ちになります。

同世代がもがき夢を掴むまでのこの物語、この機会にぜひ読んでみてください。

あなたにも良い風が吹きますように。

created by Rinker
¥726
(2020/08/14 13:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)