お金コラム

【地方→東京】引っ越してみて分かった生活費の違い

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
東京は物価が高いとよくいったものですが…

東京に引っ越してきて1ヶ月半。地方に住んでいた時と生活費の違いをまとめてみました。

東京と田舎、生活にお金がかかるのはどっち?

固定費

生活をする上で、生活の質を左右するお家賃などの固定費。

住む地域によって、何にお金がかかるかという点でかなり差がでました。

※ここでは奨学金など地域に左右されない支出は割愛しています。

家賃

地方に住んでいた時は、1LDK駐車場代込みで50,200円でした。
現在住んでいる家は、1Kで75,000円です。

どちらも共益費込みのお家賃です。
地方では共益費が2,000~3,000円の賃貸が多いですが、今住んでいる賃貸は4,000円になっています。

自動車の維持費

地方に住んでいる時は、車必須でした。

その時に毎月かかっていたお金は、
保険料 9,900円
ローン 20,000円
ガソリン代 3,000円(お給料でいただいていた交通費を除いて)

引っ越しをする際に車を手放しましたので、現在は車の維持費は0円です。

交通系ICカードチャージ

車を手放した代わりに電車やバスで移動をすることが多くなり、ひと月で5,000円チャージしました。

固定費比較まとめ

  • 家賃は圧倒的に地方が安い
  • 車必須の地域だと車の維持費がかかり、それが意外と高い
  • 結果、固定費だけみると地方と東京では大差ない
なつ
なつ
都市ならではの満員電車の不便さ、家の狭さ、地方のどこに行くにも車がないと不便という事情…、それを住めば都と割り切れるかどうかが一番重要かも⁉

変動費


東京は物価が高いというイメージは果たして本当なのか?
普通のOLの1ヶ月の変動費で比較してみます。

食費

今年8月と、地方に住んでいた時の同じ時期の食費を比べてみました。

今年(東京):約29,000円
昨年(地方):約28,000円

東京に来てからはお野菜は地方と値段の大差はないと感じていますが、お肉が微妙に高いなぁ~という印象。

例えば、使い勝手のいい豚小間切れ。
地方では100gあたり98円とかでしたが、東京では113円くらい。

地味にダメージを食らってしまう高さです。

外食費&交際費

地方に住んでいた時はランチで奮発して1,200円ほどでしたが、東京では結構平均的なお値段のような気がします。

飲み会も3,000円で楽しめていましたが、東京では5,000円以上払うのが通常のような…。
※私自身が結構飲むので、あまり飲まない方には参考にならないデータです。

美容費

美容院はまだ行く機会がないので比較できないのですが、まつエクは同じメニューでも東京の方が1,500円程高くなっています。

水道光熱費

東京での家探しの必須条件が都市ガスでした。

なつ
なつ
地方ではプロパンガスでしたので、どの位安くなるかワクワク♪

結果として、電気代、水道代は地方にいた時とほぼ変わりなくですが、ガス代は2/3の値段になっています。

※地方でも1人暮らしだったので、そもそも夏場に使っているガスの量が少なく比較しにくいかもしれません。

変動費比較まとめ

  • 食費はほぼ変わらないが、外食費が高い
  • 美容費も地方よりも高くなる
  • 都市ガス神!

外食費も美容費も結局のところは、地方と東京との人件費と土地代(店舗維持費)の違いだと思います。

結論

東京で1ヶ月半生活をしてみましたが、支出は地方にいた時とほぼ変わりません。
ただ東京は、

  • お金を使う場所が多い。
  • 地方と同じサービスを受けようと思っても、そのサービスを提供している企業がかけているお金(人件費や土地代など)が地方より高い

という2点で支出が増えてしまいます。

単純に物価が高いという言葉で片づけると簡単ですが…。

それぞれ自分自身の尺度で、我慢できることはする、お金をかけても良いと思うことにはお金を出すというメリハリを付けて生活するのが大事だと感じました。

東京での生活をお考えの方の参考になれば幸いです。