投資の始め方

OLさんには積立投資信託が相性が良い

「難しい」
「怪しい」
「お金持ちしかできない」
投資に対してそう言ってイメージを持っていました。

でも「余裕ない」「時間ない」「お給料上がらない」…ないないばかりの一般職のOLにとって、老後資金2,000万円必要というニュースは衝撃で、
真剣に資産運用について考えた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

私も手取り20万円以下の普通のOLですが、毎月積立投資信託を行うことで少しずつですが将来に向けての資産作りを始めています。

投資を始めるにあたり、手軽に始めやすい投資信託について書いていきます。

投資信託とは?

株式会社と投資家

投資とは、投資家がこの株買いたいと思った時に証券会社を通じて購入します。

例えるならば、私たち消費者がお店で物を購入するのと似たような仕組みです。
生産元から市場などを通じ小売店が商品を仕入れ、それを私たちに販売してくれます。
株式の場合は、証券会社=小売店であり、そこを通じて私たちは購入することが出来るのです。

投資信託の仕組み

投資信託の場合は、投資家から集めたお金を運用のプロ(投資信託運用会社)が株式や債券などに投資します。

投資信託とはその名の通り、投資をプロに信頼して託すものです。

経済や景気の流れを読み取るのは、素人にはかなり難易度が高いものですが、投資信託はそういった事をプロ任せにできるので、投資初心者にとっては安心ですよね。

投資信託のメリット

投資信託は、プロが運用してくれる他にも初心者にとってメリットがあります。

①リスクを分散できる
投資信託のファンド(商品)の中には、バランスファンドと呼ばれるものがあり、株式だけではなく不動産や債券など分散して投資できるものがあります。

分散させることにより株式が著しく下落しても債券や不動産などにも投資している分、下げ幅を抑えることができるのです。

リスクの分散は投資をする上で重要になりますが、投資を始めたばかりだと何がリスクであるのかすら分からないので、
このバランスファンドには助けられています。

②少額から始められる
株を始めようと思うと万単位でお金が必要となりますが、投資信託の場合は100円から始めることが出来ます。
(楽天証券など)

これならお財布にも負担にならずに、「お金がない!」と思っている方でも気軽に始められます。

③積立貯金をするように投資できる
投資信託には、毎月積み立てが出来るものがあります。

積立投資信託もNISAの対象となっており、積立貯金と同じような感覚ですることができ、尚且つ節税効果もあるので、投資に対してハードルが高いと思っている人にこそおススメできます。

投資信託のデメリット

①元本保証ではない
景気の状態などによって、購入金額よりも低くなる場合もあります。
そういった場合を元本割れといいます。

②手数料がかかる
運用をプロにお任せしているので、その分手数料がかかります。

その手数料は大きく分けて2つあり、証券会社など支払う販売手数料と、運用を担当する投資信託委託会社(運用会社)、信託財産を管理・保管する受託銀行(信託銀行)、そして販売会社に支払う信託報酬というものがあります。

最近では、ノーロードと呼ばれる販売手数料のかからないファンドも多くあります。

まとめ


投資信託に限らず投資にはリスクもありますが、貯金はインフレに対応できないという大きなデメリットがあります。

その点、投資による資産運用はその時その時のお金の価値を反映します。

「難しい」「怪しい」「お金持ちしかできない」というものではないので、
「余裕ない」「時間ない」「お給料上がらない」普通のOLさんにも投資信託はとても気軽に始めやすいものです。

投資の初めの一歩は、ぜひ投資信託から始めてみてださいね♡