お金コラム

何のためにお金を稼ぐのか?貯めるのか?こんな時期だからこそ考えてみた

こんにちは、なつ(@yurunatu)です。

なつ
なつ
コロナウイルスの影響で、世界的に経済が不安視されていますね

こんな時に株や投資のことを語れるほど知識はないので、投資ビギナーとしては淡々と自分のできることをやるだけです。

ということで、お金との付き合い方について、改めて考えてみました。

そこで、お休みの日も不要な外出を控えている今、久しぶりにハチミツとクローバーという漫画を読みました。
(お金のこと考えてたんじゃ…?)

この漫画には、とても心に沁みるお金への名言が出てくるのです。

この言葉に初めて触れたのは高校生の時。

でもその時はピンと来ずにいましたが、今改めて読んでみると
めちゃくちゃ染み渡る!!

お金を稼ぐために働く意味やお金を貯める意味…、この言葉が今後の私とお金との付き合い方の道標になるんだな~と感じています。

ハチミツとクローバーについて

ハチミツとクローバーは、羽海野チカ先生によって描かれた美大に通う者たちを主軸とした漫画です。

アニメ化、映画化、ドラマ化もされ、私と同じ世代のかたは、なにかしらのメディアでその作品に触れたのではないでしょうか。

なつ
なつ
漫画を先に読んでいましたが、大好きな嵐の櫻井翔くん主演で映画化された時は、飛んで喜びました

美大に通う学生たちの恋や進路の悩み以外にも、才能があるが故の苦しみだったり、反対に努力ではどうにもならない世界でもがく苦しみだったり。

一人ひとり抱えている悩みは違う分、読者も一緒に涙をすることも多いですが、とても温かく優しい物語となっています。

真山の不毛な恋

主人公の竹本くんの先輩にあたる真山は、大学を卒業した後、学生時代からバイトをしていた設計事務所に就職します。

そこは、原田リカという女性が一人でやっている小さな個人事務所。

元々は旦那さまと一緒にやっていた事務所でしたが、不慮の事故で旦那さまを失ってしまいます。

旦那さまを亡くしてから、心が死んでしまったリカさん。

旦那さまを知らない真山は、リカの過去を知りながらもそんなリカに恋をするのです。

なつ
なつ
旦那さんが残した設計図を見ながら仕事をするリカの声なき声に、真山はいつも自分自身の力のなさを痛感します。

真山がボロアパートから引っ越さない理由

真山は、就職しても学生時代から住んでいたボロアパートから引っ越そうとしません。

同じアパートに住んでいる竹本くんとしては嬉しい反面、それを疑問に思います。

だって、そこそこ良いお給料もいただいているご様子なので(笑)

それを真山に尋ねると、真山はこう言います。

真山
真山
いざ、そのチャンスが来た時に、それに「飛び込めるか」「飛び込めないか」って
単純にお金の「ある」「なし」にかかってくることが
ほとんどな気がするんだよね
真山
真山
せっかくのチャンスが来た時に、
「金がないから」で逃すのくやしいじゃん?
真山
真山
それにさ、もし好きな女に何かあった時にさ
「何も考えないでしばらく休め」っていえるくらいには
なんかさ 持ってたいんだよね

リカは表面上生きていますが、心はどこか遠くへあり、いまにも旦那さんを追っていってしまいそうな儚さがある女性です。

そんな人を好きになった真山の覚悟が、この言葉には溢れています。

何のためにお金を貯めるのか

真山の言葉は、何のためにお金を稼ぎ、貯めておくのかの真理をついていると思います。

お金がありあまるほどに持っている人は、そういったことを考えなくてもいいと思いますが、
薄給で毎日ストレスと戦いながら仕事をしている身としては

なつ
なつ
給料少ないのに、頑張って節約してコツコツお金貯めて…でも今の暮らしは全然豊かにならない

なんて捻くれたくなる時もあります。

でも真山の言葉にハッとしました。

お金がないからと、行きたかった大学へ進学できなかったあの悔しさを思い出しました。

なつ
なつ
自分が経験したこの悔しさを、まだ見ぬ子どもに味あわせたくないんだ

選択肢がたくさんあると迷う事もありますが、選択肢がなさすぎるよりはいいと思っています。

お金で得られる、生き方

「お金がなくても幸せ」になれるとは思いますが、お金はあって困るものではありません(笑)

例えば、半年前にTwitter上で大きな話題となった三菱サラリーマン(@FREETONSHA)さん。

この方はサラリーマンという働き方が性に合っていなかったと気づいたからこそ、FIRE(Financial Independence, Retire Early:早期退職)を実現するために資産運用を実践されてきました。

この方の生き方もハチミツとクローバーの真山の生き方も、根底にあるものは一緒だと感じます。

何かを実現するために、お金と真摯に向き合っている

円を大きくしたい

さて、私はといえば、投資の大きな荒波にもまれながらも、4月からも変わることなく淡々と投資を行っていきます。

世界情勢がどうなるか見通しが立たない今、投資ビギナーがあれこれ考えても分からないので、ポートフォリオもこのまま行こうと思っています。

でも1つだけ変えたいことが。

今までのポートフォリオは買えずに、この円を大きくしたいなぁと。

毎月決まった金額を投資して来ましたが、その額を増やしたいと思っています。

いざという時にお金がないからと何かを諦めたくないので、今後は真山君の言葉を胸に刻んで
資産運用を行っていきたいと思います。

では。

ちなみに、真山君のこの台詞が描かれているのは8巻です。
10巻完結ですので、お時間ある方はぜひご覧ください。