投資の始め方

楽天証券の口座開設の流れを解説

こんにちは、少額投資をしています、なつ(@yurunatu)です。

普段使っている銀行でも投資を始めることは出来るのですが、手数料や商品数などを比べてみるとやはり、銀行よりも証券会社を通じてする方が断然良いです。

なつ
なつ
初心者には使いやすい楽天銀行での口座開設の方法をお教えします♡

楽天証券の口座を開設しよう

口座開設をするために、まずは下記のものを準備しましょう。

  1. パソコンまたはスマホ
  2. 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)

投資で得た利益には税金が発生するので、確定申告が面倒な人はマイナンバーカードを本人確認書類として準備しておくと後が楽です。

楽天証券のサイトから申し込んでみよう

楽天証券のサイトから【今すぐ口座開設】をクリック
PC画面↓

スマホからの場合は、
楽天証券→左上の三本線(メニュー)をタップ→初めての方へ→口座開設キャンペーン→【今すぐ口座開設】をタップ

本人情報を入力

まずは、楽天にログインします。
楽天会員の方は同じIDとパスワードでログインができます。

会員でない方は、登録から始めましょう。
楽天の会員になると、楽天市場や楽天証券、楽天銀行など多くの楽天サービスを一つのIDで楽しむことが出来ます。

ログイン後、本人情報を入力する画面が出てきます。

名前、住所、連絡先、性別などを入力していきます。

納税方法の選択

本人情報を入力し終わったら、その次に【納税方法の選択】という欄がでてきます。

ここでは、迷うことなく【おすすめ】と記された、確定申告は原則不要を選びましょう。

投資で得た利益には税金がかかるのですが、この特定口座を選択すると楽天証券側が源泉徴収を投資家に代わってしてくれるものです。

これを選択しなかった場合は自分で確定申告を行わなければならないので、手間を省くためにも特定口座を選択しましょう。

NISAの口座開設も一緒に申し込める

初心者におすすめなつみたてNISAの口座開設も一緒に申し込む事ができます。

NISAの口座は一人一つの口座のみを持つことができるので、「楽天証券ではつみたてNISAはしない」という方は申し込まなくて大丈夫です。

積み立て投資信託をつみたてNISAで行おうと思っている方は、ここで一緒に申し込みをしましょう。

投資初心者は『投資信託×つみたてNISA』からが断然おすすめ!投資初心者におすすめしたいのが、積み立て投資信託とつみたてNISA http://toushiol-life.com/2019/0...

追加サービスを申し込む

NISAのほか、楽天銀行の口座も開設やiDeCoの申し込みも一緒に出来るので、必要なものはまとめて申し込みをしましょう。

ここで、信用取引口座の開設も出来ますが、投資初心者の方はここはスルーをしましょう。

ここまで終わったら【内容確認】をクリックし、記入漏れや記入ミスがないか確認をしましょう。

重要書類の確認

株取引には、様々な規約や約束事がありますので、面倒ですが一つひとつ確認をしましょう。

確認が終わったら、チェックを入れ【同意して次へ】をクリックします。

本人確認書類の提出

本人確認書類の提出は、PC、スマホ、郵送の3つから選ぶことができます。

スマホからだと写真を撮ってアップロードするだけなので簡単です。

本人確認書類
・運転免許証(表/裏)
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・各種健康保険証(表/裏)
・住民基本台帳カード
・パスポート(日本)
顔写真つきページと所持人記入欄(住所記載あり)ページの2箇所
・在留カード
・特別永住証明証(表/裏)
・個人番号(マイナンバー)カード
通知カードは不可

これで口座開設のお申し込みは以上です。

書類が届く

3~10日後ほどで、郵送で楽天証券にログインするためのIDとパスワードのお知らせの書類が届きます。

そのIDとパスワードでログインし、勤務先や取引の相性番号の登録やマイナンバーの登録をします。

この時、本人確認書類をマイナンバーカードで行っていた場合、ここでのマイナンバー登録作業を割愛できます。

勤務先を登録する

普通のOLさん
普通のOLさん
どうして勤務先まで登録しないといけないの?投資してるって会社にバレる?
なつ
なつ
そんな事はないから安心してね♡

ちょっと横道にそれますが、証券会社で口座を開設する場合、必ず勤務先を登録しなければなりません。
その理由は、株取引における不正取引を防ぐためです。

例えば株が暴落するであろう大きな不祥事が発覚した場合、その会社の内部の人間は世間に知れ渡る前にその不祥事が起きたことを知ることが出来ます。
すると株が暴落する前に売ってしまった方が高く売れます。

こういった取引はインサイダー取引といい、法律で禁止されています。

このような内部取引を未然に防ぐために、勤務先の登録が必要なのです。

普通のOLさん
普通のOLさん
そういう事だったのね

ここまでで、やっと投資をするための口座準備が終わりました!

あとは、ファンドを選び投資を始めましょう♡